歯科治療の進化と危険を軽減する取り組み|アレルギー徹底GUARD

歯医者

色々な治療手段の登場

現在の取り組みやトレンド

歯

現在では歯科治療に用いられていた金属によって金属アレルギーを起こす可能性があることがわかっています。 一般的に虫歯の治療では削った部分に金属などの詰め物をはめ込みますが、金属の種類によっては長い年月をかけて少しづつ金属が溶けていき、体の中に蓄積されることによって様々な不調をきたす可能性が指摘されています。 最近ではアトピー性皮膚炎など様々なアレルギー症状を抱える人が増加傾向にありますが、医療機関で検査をしても不調の原因がわからない場合は、歯の詰め物による金属アレルギーを疑うことが重要とされています。 歯科ではこれまで保険診療の際には、金属などの詰め物を使用するのが一般的でしたが、最近では金属アレルギーのリスクの少ないものが使われるようになってきています。

金属アレルギーを調べる方法

歯科材料による金属アレルギーやその他の弊害が指摘されるようになってから、アレルギーテストなどが受けられる歯科も増えてきています。 人によっては古い歯科材料でも特に弊害を感じることなく健康に生活している人もたくさんいますが、アレルギー反応が出たり、新しい詰め物に変えたい場合は歯科で取り換えることが可能です。 現在では保険診療でも有害物質を含まない材料が使われるようになっていますし、自由診療であればより品質の高い材料のものが使われています。 最近では歯を白く見せたり歯並びを良く見せる審美的要素の高い診療も人気があり、歯科によって様々な治療法が取り入れられています。材質や色なども多数の種類があり、好みに応じて治療が選べるようになっています。