歯科治療の進化と危険を軽減する取り組み|アレルギー徹底GUARD

歯医者

工夫次第でトラブル回避

工夫することによって得られるメリットとは

歯

手のひらや足のうらに水疱や湿疹がでて、皮膚科で診断してもらっても原因がわからない事があります。もともと金属アレルギーを持っているのであれば、歯科医院でも検査してもらうなど工夫する事も必要です。 実は金属アレルギーは指輪やネックレスなど肌に身に着けるだけでなく、口の中からも起こることがあるのです。虫歯の治療によって金属のかぶせ物をした後、少しずつ金属が溶けて体内に吸収されてしまう事があるのです。それによって金属アレルギーが出てしまい、手や足に水疱や痒みが出てしまうことがあります。 改善するためには歯科医院で金属をはずして、金属アレルギーの出ない材料に変えることです。歯科治療の後に原因不明の湿疹が出たら口の中も疑ってみることも必要です。

歯科医院の金属アレルギーに対する取り組みについて

歯の治療で金属アレルギーが出てしまう事があります。歯科医院の保険適応の虫歯治療では金属のかぶせ物が利用されています。安く治療できるので多くの人が利用しているのです。 しかしこの金属によってアレルギーを起こすことが分かっており、近年様々なメディアでも取り上げられているのです。最近の歯科医院の取り組みでは、金属ではなくセラミックなどのかぶせ物が導入されているのです。 金属を取り除くことによってアレルギーの改善ができ、また歯茎の変色も抑える事ができるのです。身体にも優しく強度もあり、自分の歯と同じような白さを手に入れる事ができるのです。 しかし審美歯科にあたるため1本につき数万円の治療費がかかってしまうのです。