歯科治療の進化と危険を軽減する取り組み|アレルギー徹底GUARD

歯医者

アレルギー外来の登場

歯の詰め物が原因でアレルギーになることもある

歯

歯科医療においては、ニッケルやパラジウム、コバルト、クロムなどさまざまな種類の金属が使われています。これらはいずれも詰め物やかぶせ物に欠かせない材料ですが、時として思わぬ健康被害をもたらすことがあります。それが金属アレルギーです。 歯科金属によるアレルギーは口内炎や歯周炎などの症状となってあらわれます。また、アトピー性皮膚炎や脱毛症など口腔以外の場所にあらわれることもあります。 口内や皮膚に何らかのトラブルが発生した場合、他に原因が見当たらない場合は金属アレルギーを疑ってみる必要があります。自分が金属アレルギーであるかどうかの検査は、皮膚科でパッチテストを行えば分かります。また歯科医院の中にもアレルギー外来を設けているところがあります。

アレルギーを避けるにはメタルフリー治療を

歯科金属がアレルギーの原因になるのは、装着した金属がイオン化し、これが長い時間をかけて体内に広がるからだと言われています。この金属イオンがアレルゲンとなってヒスタミンを過剰に放出させ、炎症などを引き起こすのです。 金属アレルギーを改善する方法は、今のところは1つです。すなわち、金属を使わない歯科治療を受けることです。すでに金属を使った治療を受けた結果アレルギーを発症している場合は、詰め物やかぶせ物を金属以外の材料に取り替えることで症状を改善することができます。また、以前にアクセサリーなどで金属アレルギーを発症した経験がある場合は、歯科受診時に「メタルフリー治療」を希望すれば、金属を使わない治療が受けられます。